HOME > アーモンドのダイエット効果

アーモンドのダイエット効果

今注目を浴びているダイエット食、それがアーモンドです。
アーモンドと聞くとカロリー高そうなイメージですが、間食にナッツ類は推奨されているのです。

確かにアーモンドなどのナッツ類はカロリーが高く、10g換算でおよそ60kcalもあります。
ナッツ類は脂質が多いので必然的にカロリーが高いのです。

しかし単に脂質が多いからダイエットには向かないというのは誤解で、ナッツはミス・ユニバースやハリウッドセレブも愛用しています。
栄養も豊富なので、ナッツを食べるだけでスリムになると言われているぐらいです。

ここではアーモンドの話をしますが、アーモンドに含まれる良質な脂はオレイン酸やリノール酸と呼ばれ、不飽和脂肪酸に分類されます。
不飽和脂肪酸には血中のコレステロールを分解し、血液をサラサラにする効果があるのはご存じでしょう。

血流が良いと体中に栄養や酸素が行き渡り、内臓の働きも良くなります。
そのため基礎代謝が向上して体脂肪が落ちやすくなり、ダイエットに効果が出てくるのです。

間食時の空腹対策にもなるので、ナッツ類は優秀なのです。
さらにアーモンドには食物繊維やビタミンB2が豊富に含まれています。

食物繊維は消化酵素で分解できないため、体内に吸収されずエネルギーにはなりません。
しかしアーモンドに含まれる不溶性食物繊維は体内の水分を吸収して膨らみ、腸壁を刺激して蠕動運動を促すので、便秘解消にも効果があります。

水溶性食物繊維も合わせて取ると更なるダイエット効果が期待出来るでしょう。
またビタミンB2は脂肪燃焼する働きがあるので、ダイエットに役立つ栄養素といえます。

このようにアーモンドがダイエットに有効であることは分かると思いますが、食べ過ぎはよくありません。
1日の摂取量は10粒から20粒が理想とされています。

10粒から20粒でおよそ100kcal前後です。
間食にアーモンドを食べて、普段通り昼食と夕食を食べていれば結果的にカロリーオーバーで太ります。

アーモンドを上手に取り入れて、食事の量を調整するなどしてダイエットの成功を目指しましょう。