HOME > 脱毛するとわきがになるって本当?

脱毛するとわきがになるって本当?

一部では脱毛をしたことで脇の臭いが気になるようになったという意見があるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。わき毛を脱毛すると当然ながら毛が無くなるので、ワキ汗が毛に吸収されずに流れ出るようになります。そのためわき毛を脱毛したために発汗量が増えたと感じる人がいるようですが、発汗量自体はおそらく変わっていません。そのため脱毛によって臭いがきつくなるというのも考えにくいものです。それどころか毛穴がなくなるため、雑菌が繁殖しにくくなり、むしろ臭いは少なくなるのではないかと考えられます。そもそも何故ワキガが発生するのかご存じでしょうか。わきがは主にアポクリン腺から出る汗によって臭いが発生します。アポクリン腺から出る汗はエクリン腺から出る汗のように水分と塩分から出来ているわけではありません。他にも脂肪分や鉄分、アンモニアなどさまざまな物質を含んでいます。とはいえアポクリン腺から出た汗自体に臭いはありません。汗として体外に発生した後、皮膚の常在菌によって分解されることでワキガ特有の臭いに変わるのです。レーザー脱毛では照射によって毛穴ごと破壊してしまうため、同時にアポクリン腺の出口も塞がります。その結果一時的に臭いが発生しなくなるのですが、すぐに再生してしまうため、根本的なわきが治療にはなりません。いずれにせよ、脱毛をすることによってわきががきつくなることも、わきがが治ることも現段階では考えにくいというのが実情です。しかし日本人は欧米人よりわきがのある人は少なく、基本的に体臭がない人種ではあります。欧米人のほとんどはわきがと言われていますが、逆にわきが人口が少ない分目立ってしまうのかもしれませんね。