HOME > アンダーヘア脱毛をするときの注意点

アンダーヘア脱毛をするときの注意点

普段は人の目に触れることのないアンダーヘアですが、欧米ではアンダーヘアの脱毛は常識なのをご存じですか。日本でもいざというときのためにアンダーヘアの脱毛をしている女性は最近増えているようです。しかしアンダーヘアの脱毛はデリケートゾーンですから、処理の仕方を間違えるとお肌を傷つけて痕に残ったり、肌荒れやシミが出来たり、皮膚にブツブツが出来てしまうことがあります。心配な方は脱毛サロンで脱毛してもらった方が良いと思いますが、ここではセルフで行うアンダーヘア脱毛の注意点について書きたいと思います。自宅で脱毛を行う場合、多くの方はカミソリやシェーバーを使ったり、あるいはピンセットで抜く、クリームやワックスを使うという人もいるでしょうし、少し値が張りますが、脱毛器を購入している人もいるでしょう。皮膚へのダメージが少ないという点ではレーザー脱毛や光脱毛がおすすめですから、家庭用脱毛器をお持ちの方は脱毛器を使ってアンダーヘアの処理を行った方が良いと思います。一方で手軽でコストもかからないし、一気に除毛できるというメリットがある、カミソリやシェーバーを使う方法がありますが、デメリットもあります。カミソリやシェーバーは脱毛器に比べて、皮膚に与える刺激が大きいですし、一時的に表面に出てきた毛を剃っているだけであり、すぐに新しい毛が生えてきてしまいます。それに毛が伸び始めた頃は下着から毛が飛び出たり、チクチクする点がデメリットでしょう。とはいえ頻繁に毛を剃っていてはお肌に負担が大きいですし、カミソリ負けをして、皮膚トラブルを引き起こすこともあります。またピンセットなどで毛を抜く方法ですが、こちらもコストがかかりませんし、次に毛が生えてくるまでしばらくつるつるの状態を保てることがメリットではあります。しかしながら皮膚へのダメージが大きいですし、痛みも伴います。埋没毛が生じて、皮膚にブツブツが出来るリスクすらあるでしょう。こう考えるとレーザー脱毛や光脱毛が良い気がしますが、コストはかかりますし、何度もサロンに通わなければなりません。それにお肌への負担は少ないとしても、アンダーヘアのような太い毛を脱毛するときは多少の痛みは生じるでしょう。どの方法も一長一短ありますから、自分にとって最適な方法でアンダーヘア脱毛をすると良いでしょう。