HOME > 脱毛するには資格がいるの?

脱毛するには資格がいるの?

初めて脱毛を体験するという方は痛みや副作用は無いのか、痕が残ったりしないか不安に思う人は多いでしょう。そもそも脱毛の施術をするのに資格は必要なのでしょうか。脱毛サロンではありませんが、最近は無資格で営業を行って、お客さんが健康上の被害を受けているというケースも少なくありません。脱毛にはどんな施術が行われ、どんな機械が使われるのか、色々と調べて知っている人は多いのですが、こと施術を行うエステティシャンに関して調べる人は意外と少ないようです。脱毛は専用の機械を使えばそれ程難しい施術ではないと思われるかもしれませんが、正しい知識を持っていないと健康上の被害を受ける可能性もゼロではありません。実際に感染症にかかってしまったり、肌トラブルを引き起こした人もいるようです。ですから脱毛をするのに資格を取る必要があるのか、もしあるのなら施術を行うエステティシャンはきちんと資格を持っているのか、是非知っておきたい情報だと思いませんか。脱毛の施術を行うのは基本的にはエステティシャンです。日本ではエステティシャンという職業は有りますが、現在では公的な資格ではありません。では無資格で施術を行っているのかといえば、そういうわけでもありません。エステティシャンは国などの公的な機関が認めた資格ではありませんが、民間の認定機関の認定を受ける必要があります。例えば日本エステティック業協会や日本エステティック協会、国際エステティック連盟などがあります。認定の基準はさまざまですが、いずれもエステティシャンになるには一定の技術や知識を身に付け、試験に合格する必要があります。つまりエステティシャンは脱毛に限らず、美容に関する技術や知識を磨いているというわけです。ですからサロン選びを失敗しないためには、施術を受けようとしているお店に認定を受けたエステティシャンが存在するのか、またそのエステティシャンはどの機関の認定を受けているのか、きちんと確認できるようなお店であることが重要です。