HOME > 脱毛後のプールが禁止される理由は?

脱毛後のプールが禁止される理由は?

夏前は脱毛をする人が増えます。露出も増え、水着を着る機会も増えますから、つるつるすべすべの肌にしておきたいと考える女性は多いはずです。でも脱毛前後にプールに行っても問題ないのでしょうか。もちろんプールや海にいくために脱毛をするのですから、脱毛をしてプールに行けないとなると本末転倒ですよね。基本的に脱毛をしてもプールに行っても構いません。しかしながら脱毛前後1週間ぐらいはプールや海に行くのは控えた方が良いでしょう。夏場は日差しが強く、特にプールや海に行くと紫外線も強いですから、肌に負担がかかるのは間違いありません。では屋内プールなら問題ないかといえば、そうでもありません。何故なら注意すべきは紫外線だけでなく、プールの水に含まれる塩素にもあるからです。プールの水に塩素が入っているのはご存じでしょう。塩素の量は水道水の濃度よりも高く、肌に負担をかけてしまい、場合によっては肌荒れや痒み、炎症を引き起こすことがあります。そのために脱毛前後のプールが禁止されているのです。塩素は殺菌、消毒のために入れられており、塩素のおかげで私たちは安心してプールで遊ぶことが出来るのです。もちろん普段はプールの塩素など気にする必要はないのですが、脱毛前後は肌がデリケートになっているので、極力刺激を与えない方が良いのです。それにプールは毎日多くの人が入りますから、例え塩素が使われているとしても、プールの中はもちろん、プールサイドやトイレなど、雑菌が色んな所に潜んでおり、おせじにも衛生的とはいえないのです。特に脱毛後は肌のバリア機能も低下していますし、うっかり雑菌感染して肌が炎症を起こしたり、化膿したりすることもあるので注意しなければなりません。このように衛生面からも、脱毛後のプールを控えた方が良いということになります。ちなみにプールだけでなく、海はもちろん、温泉や岩盤浴なども禁止されるサロンが多いようです。脱毛後にプールに行って、火傷のような状態になったり、シミが出来たりした人もいますから、一時我慢した方が良いでしょう。