HOME > 毛深いのは遺伝のせい?

毛深いのは遺伝のせい?

男性はまだしも、女性は毛深いことにコンプレックスを持っている人がいます。元々毛深くなければこんなに脱毛で苦労しなくても良いのに、そう考える女性も少なくないでしょう。もちろん剛毛であることに悲観する必要はないと思いますが、そもそも毛の量や太さは遺伝するのでしょうか。太りやすさも遺伝するように、毛深さも遺伝するのかもしれません。結論から申し上げると、毛の量や太さは遺伝します。もちろん両親もしくは両親のどちらかが毛深ければ、必ず子どもも毛深くなるわけではありませんが、要因の一つにはなり得ます。また両親が毛深くなくても、祖父母が毛深ければ、隔世遺伝によって子どもが毛深くなる可能性もあるでしょう。もし仮に両親も祖父母も毛深くないのに自分が毛深いのであれば、それは遺伝が原因ではなく、食生活や環境が影響しているのかもしれません。毛の太さや量はホルモンバランスによっても影響を受けますから、生活習慣の乱れやストレスによってホルモンバランスが崩れ、毛が太くなったり細くなったり、あるいは毛の量が少なくなったり、多くなったりすることは考えられます。もし幼少期にはそんなに毛深くなかったのに、ある時期から毛の量が増えたり、毛が太くなったのなら、遺伝ではなく環境が原因である可能性は高いでしょう。ただし毛深いことに悲観する必要はありませんし、あなたより毛深い人は星の数程存在しますし、毛深いことであなたの魅力が低下するわけでもありません。それでもつるつるすべすべのお肌になりたいのであれば、脱毛すれば良いだけで、まずは健康に生まれて育ったことに感謝すべきです。後天的に毛深くなったという人は、生活習慣を見直すことはもちろん、現代はホルモンバランスを整えるサプリなどもありますから、利用してみるのも良いでしょう。一方でお肉などは男性ホルモンであるテストステロンを分泌させ、毛の量を増やす可能性がありますから、最近食べ過ぎているなと感じたら、こういった食べ物を控えてみても良いでしょう。